追悼 平和堂 夏原平和会長 生前語った「流通業に対する思い」

千田 直哉
Pocket

2021年12月20日、平和堂(滋賀県)の夏原平和(なつはら・ひらかず)代表取締役会長執行役員が肺がんのため死去した。享年77歳。夏原会長は、1944年、滋賀県生まれ。68年、同志社大学法学部卒業。同年、平和堂入社後すぐさま、日本リテイリングセンターへ出向。70年、取締役就任。89年、代表取締役社長就任。2017年、代表取締役会長兼CEO(最高経営責任者)就任。20年、代表取締役会長執行役員に就任し現在に至っていた。なお、遺族の意向により、通夜ならびに葬儀・告別式は、近親者にて執り行われる予定。また、後日「お別れの会」を執り行う。
ここでは、夏原さんを偲んで、新入社員に向けた『チェーンストア・エイジ』誌2010年4月1日号のインタビュー記事を再掲載する。合掌。

石の上にも3年。3年間は一生懸命やりなさい

――同志社大学法学部の出身です。卒業後に他の道を歩む選択肢もあったのですか?

夏原 いえ、最初から家業を継いで商売人になろうと思っていました。平和堂の設立は昭和32年(1957年)ですので、私が中学1年生の頃から商売を間近で見て育ちました。お客さまとのやりとり、商品の見せ方によって売れ方が違ってくること、魚の捌き方などを見ておもしろいなと感じていました。時には配達など、私が手伝うこともありました。

平和堂は、小さなカバンを売る店「靴とカバンの店・平和堂」からスタートして、寝具の店、またセルフ方式を取り入れた衣料品店など、徐々に業容を変化、拡大させ、それらのノウハウを組み合わせて総合店に行き着きました。

私が大学を卒業したのは、滋賀県草津市に2号店が出た時です。会社も創業時からは、ずいぶんと大きくなっていました。ただ、大学でそれほど勉強したわけではなく、商売の自信はありませんでした。入社が決まると、商売を継ぐことがだんだんと怖くなってきました。

――その頃は、ずいぶんと弱気だったのですね。それで、そのまま就職してしまったのですか?

夏原 いいえ、違います。不安から解放されたいがために、大学時代にしかできないことは何かと考えました。先輩に相談すると「それなら海外へ行ってみたらどうか」と提案されました。海外旅行が自由化されてまだ数年しか経っておらず、外国へ行くことはまだ珍しかった時代です。英語は話せませんし、海外に知人もいない。しかし先輩から「行けば何とかなる」と言われ、自分も親と離れて行動することで自信をつけたいと考えたのです。 

まず、ソ連経由でフィンランドの首都、ヘルシンキへ行きました。これは当時の典型的なコースで、そこから1人でヒッチハイクの旅が始まりました。スウェーデンのストックホルム、デンマークのコペンハーゲン、それから南下し、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク、さらにフランス、スイス、イギリスと各国を回りました。夏休みを利用しての渡航で、帰りはフィリピンのマニラ、タイ、香港を経由し船で神戸に帰ってきました。

――海外旅行が一般的でない時代であることを考えると、大冒険ですね。

夏原 本当です。病気をしない保証もなく、電話は通話料金が高くて使えない。本来なら水杯(みずさかずき)を交わさなければならないような旅です(笑)。だから母親は反対したのですが、父・故夏原平次郎は許してくれました。いま振り返ると、父の決断は私以上の大きなものだったと感謝しかありません。

しかし、その経験があったおかげで会社に入ってからは思い切り仕事に打ち込むことができました。自分の好きなことをすべてやったという満足感がありましたから。

今現在、当社が内定を出した学生には、「入社前には海外へ行ったり、資格を取ったりと、やりたいことをやっておきなさい」と話しています。何かをやり残した状態で仕事を始めても「自分が働く場所はこの会社でよかったのか」などと迷いが出てくるからです。

 「石の上にも3年」と言われます。どんな仕事も3年は迷うことなく一生懸命に取り組んでほしい。その間、苦労があればあるほど将来には大きな成果が待っていると思います。

1 2 3 4

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media