ドンキ、「セブンパークアリオ柏」に小型店、女性向けトレンド商品中心

2020/11/11 10:42
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

「ドン・キホーテ セブンパークアリオ柏」店の完成イメージ
商業施設向けの新コンセプト店舗と位置づける(「ドン・キホーテ セブンパークアリオ柏」の外観イメージ)

 パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス傘下のドン・キホーテは11月21日、セブン&アイグループの大型ショッピングセンター(SC)「セブンパーク アリオ柏」に小型店を出店する。

 「ドン・キホーテ セブンパークアリオ柏」の売場面積は218平方メートル。スペースが限られているため、化粧品やスキンケア商品、カラーコンタクトレンズ、香水など若い女性向けのトレンド商品を中心に品揃えする。ドン・キホーテが得意とする「圧縮陳列」で、菓子やキャラクターグッズ、日用消耗品なども取り扱う。

 セブンパーク アリオ柏は2016年4月に全面開業したセブン&アイグループとしては最大規模のSCで、総売場面積は約6万5000平方メートル。核店舗であるイトーヨーカドーをはじめとして約200店舗のテナントが出店している。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media