「無印良品 京都山科」、地下1階は食のセレクトショップを目指す

2019/10/21 09:30
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

良品計画 キッチンカウンターの様子
キッチンカウンターでは、旬の食材を使った料理の試食イベントなどを行う

 良品計画は10月18日、JR山科駅前の商業施設「ラクト山科ショッピングセンター」(京都市山科区)に11月1日に開業する「無印良品 京都山科」の詳細情報を発表した。地下1階の大型食品売場は、地域の農産物生産者や加工業者と協業した食のセレクトショップを目指す。

 店舗は地下1階から地上2階までの3フロア構成で、地下1階が食品売場となる。野菜や肉、魚などの食材は、その日の入荷情報をスマートフォンアプリ「ムジパスポート」で配信する。

 地下1階には直営売場のほか、京都で人気のベーカリー店、フランスの伝統菓子であるクグロフを製造販売する焼菓子店、地元農家直営の野菜を使ったスープ専門店、京都の豆腐屋がつくる国産大豆を原料にした菓子店、京都の農家がつくる漬物の量り売り専門店、うま味調味料や食品添加物を使わない総菜店などを集める。また、無印良品のカレー店を併設したフードコート、試食イベントを開けるキッチンカウンターも設ける。

 1階には直営のカフェ「カフェ&ミール ムジ」、子供と一緒に遊べる木育広場、2階には家具や収納選びなどの相談に応じる「ムジサポート」のコーナーを設置する。

 大型食品売場を持つ店舗は、2018年3月に開業した「無印良品イオンモール堺北花田」(大阪府堺市)に次いで2店舗目となる。

「無印良品 京都山科」の概要

所在地 京都市山科区竹鼻竹ノ街道町91
ラクト山科ショッピングセンターB1~2F
開業日 2019年11月1日
売場面積 約3934平方メートル
営業時間 午前10時〜午後8時

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media