世界最大級の無印良品で行われている「食」提案のすべて

2020/09/01 05:55
「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 松尾友幸

NewstoreReportSR

無印良品 直江津(良品計画)

〒942-0004 新潟県上越市西本町3-8-8 直江津ショッピングセンター2F
電話:025-520-7591
えちごトキめき鉄道「直江津」駅より徒歩10分

良品計画(東京都/松﨑曉社長)は7月20日、新潟県上越市に「無印良品 直江津」(以下、直江津店)をオープンした。2018年3月に増床リニューアルした「無印良品 イオンモール堺北花田」(大阪府堺市:以下、堺北花田店)、19年11月に開業した「無印良品 京都山科」(京都府京都市:以下、京都山科店)に続き、地域と協業した店舗としては3店舗目となる。地元の食材を取り扱うだけでなく、地域活性化のためのさまざまな取り組みに注力した店舗だ。

上越市、地元バス会社と包括連携協定を締結

無印良品直江津(良品計画)

無印良品直江津(良品計画) 林昌宏店長
林昌宏店長
「地元の魅力ある食材を地域の皆様に楽しんでいただけるような売場構成にしています」

 今回直江津店が出店したのは、「直江津ショッピングセンター エルマール」(以下、エルマール)の2階。上越市に本社を置き、主に路線バスや高速バスの運行を展開している頚くび城き 自動車(新潟県/山田知治社長)が子会社を通じて運営している。同店出店のきっかけは、核店舗「イトーヨーカドー直江津店」が19年5月に撤退したことだ。頚城自動車にとっては、地域活性化に向けた新たなテナントの誘致が喫緊の課題だった。そこで、近年店舗を通じて地域活性化に取り組んでいる良品計画と頚城自動車の理念が合致し、出店が決定した格好だ。

 オープンに先立ち、20年1月には上越市・良品計画・頸城自動車の3者による「地域活性化に向けた包括連携に関する協定」が締結された。この協定をもとに、3者はエルマールを地域の中心に据えた地域活性化に取り組んでいく考えだ。

無印初のバスでの移動販売を実施

 直江津店の直営売場面積は4934.65㎡で、世界的に見ても無印良品の店舗としてはトップクラスの広さを誇る。同店のコンセプトは「くらしの真ん中」。単に地元の商品を取り扱うだけでなく、地域に役立つ、地域を盛り上げるための新たなコンテンツやサービスに挑戦した店舗だ。

 まず、直江津店が地域の中心となるために設置されたのが、地域住民のための開放スペース「Open MUJI」だ。前述した包括連携協定に基づき上越市が後援するコミュニティスペースで、ふだんは休憩や学生の自習に利用できる。そのほか、地元のデザイナーを招いたイベントや展示会、無印良品スタッフによるワークショップなども開催する予定だ。

 また、20年8月からは「MUJI to GO」と称した移動販売を実施。頚城自動車の未稼働のマイクロバスを活用し、上越市内の柿崎区や名立区、三和区などの中山間地域を中心に周回する。店舗まで足を運びにくい住民のため、主に日用品やレトルト食品などの生活必需品を取り扱う。

 さらに、毎月3と8のつく日に市内で100年以上実施されている「三・八の市」にも直江津店オープン前の5月から出店を開始しており、菓子やティーバッグなど食品を中心に取り扱う。出店者やお客が年々減少するなか、ほかの出店者とともに朝市を活気づけたい考えだ。

 そのほか、直江津店では新たな試みとしてキャンプ用品を集積した「M U J ICAMP TOOLS」を設けた。良品計画が新潟県内で運営している「津南キャンプ場」のスタッフがセレクトした普段使いにもキャンプにも活用できる自社商品100アイテムのほか、国内外のアウトドアメーカーの商品も60~80アイテム取り扱う。同時に、災害時に使い慣れた日用品で備える「いつものもしも」の提案も同コーナーで行う。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media