ジャパニーズウイスキーはスーパーマーケットで買え!?

2019/05/24 05:00
宮川耕平(日本食糧新聞社)

 「山崎」、「響」、「竹鶴」。業界ではプレミアムウイスキーと分類される国産の有名ブランドですが、今やすっかり高嶺の花です。というより、店頭であまり見かけません。幻の・・・と形容するしかないほどに。 
 試みにアマゾンで検索すれば、「山崎」(ノンエイジ)で9,000円前後! 2012年の発売時は参考価格4,200円だったのに。「竹鶴ピュアモルト」、メーカーHPには今も参考価格3,000円と書かれていますが、4,000円を下ることはまずありません。希少性ゆえのプレミア価格が常態化しています。
 売ってもいないけど、あっても手が出せない・・・。原酒不足が解消されるまであと何年も我慢・・・。仕方がありません。ただ、もしも近所にスーパーマーケットの新店がオープンしたら、国産プレミアムウイスキーを発売当時の値段で買える、そんなタイムマシン体験ができるかもしれません。

いまや幻となりつつある国産高級ウィスキーだが、手に入れる意外な方法がある
いまや幻となりつつある国産高級ウィスキーだが、手に入れる意外な方法がある

消費量は10年で2倍に

 2018年に国内で消費されたウイスキーの数量は、08年対比で2倍に増えました。この08年というのは、現在のウイスキー興隆につながる画期です。この年、業務用市場でサントリーによる「角ハイ」提案が本格化しました。「ハイボール」ブームの幕開けです。食後の酒から食中に飲用シーンが広がり、ウイスキーの消費量は増えました。

 08年の景況も追い風になりました。9月のリーマンショックで世界的な景気後退に突入、生ビールよりもリーズナブルなハイボールは、経済的にも「選ばれる商品」になっていきました。飲食店での体験が家庭に持ち込まれ、09年にはハイボール缶の展開も本格化します。

 ハイボールで飲用者の裾野が広がると、価格帯を問わず総じてウイスキー需要は高まりました。NHK朝ドラで「マッサン」が放映された14年秋から翌年にかけてが国産ウイスキーブームの頂点で、以降は原酒不足がクローズアップされるようになります。国産の不足をバーボン、スコッチ等で補い、前述のように18年までウイスキーの消費量は右肩上がりで推移しています。

次のページは
新店オープンはお祭り!だからねらい目

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media