人気絶大も業績は低迷  中国で「無印良品」が苦戦する理由

ライター:牧野武文
Pocket

無印良品 上海旗艦店
良品計画が展開する「無印良品」は、中国の20~30代の男女から根強い人気を集めているが、業績は低迷している。(i-stock/Robert Way)

 良品計画が展開する「無印良品」は、中国の20~30代の男女から根強い人気を集めている。無印良品の「簡素」「自由」「快適」といったブランドコンセプトが、若い世代から共感を得ているのだ。ちなみに中国の不用品売買サービスでは、しばしば無印良品の紙製ショッピングバッグが取引されている。知人にちょっとしたプレゼントをするときに高級感を出せるからだ。このように無印良品は中国において「上質な日用雑貨小売」として認識され、今や全土に300店舗超を展開している。

 ところが、業績は低迷している。コロナ禍での大きな痛手は避けられなかったとしても、既存店売上高を見ると、すでに2018年にはマイナス成長に入り、19年秋にようやくプラス成長に戻ったところにコロナの感染拡大が始まってしまった。22年8月期の中国事業の既存店売上高は、好調のEC売上高を含めても対前期比88.4%と厳しい状況である。

無印良品の中国での既存店+EC売上の前年同期比の変化
無印良品の中国での既存店+EC売上の前年同期比の変化。色付きの部分はコロナ禍の時期。その前から無印良品の苦境は始まっていた(良品計画DATABOOKより筆者作成)

1 2 3

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media