「マックスバリュおゆみ野店」が大規模リニューアル!マックスバリュ関東が描く「買物体験型スーパーマーケット」の全貌

2020/10/22 05:55
「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 若狭靖代

ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(東京都/藤田元宏社長:以下U.S.M.H)傘下のマックスバリュ関東(東京都/手塚大輔社長)は10月16日、「マックスバリュおゆみ野店」(千葉県千葉市)をリニューアルオープンした。同店は、マックスバリュ関東が目下めざす「買物体験型スーパーマーケット」への転換第1号店となる。年商40億円をめざす同店の売場には、どのような工夫が施されているのだろうか。

マックスバリュおゆみ野店外観
「イオンタウンおゆみ野」内の核店舗である「マックスバリュおゆみ野店」の外観写真。

“生鮮重視”のスーパーマーケットへ

 マックスバリュおゆみ野店は、もともと2008年5月に「イオンタウンおゆみ野」内の核店舗として開店した。イオンタウンおゆみ野は、千葉市中心部から北東へ約12km、京成千原線「おゆみ野」駅から徒歩15分程度の場所にある。おゆみ野はニュータウンとして開発された地域で、店舗から1km以内の1次商圏には5852世帯が、1~2kmの2次商圏には2万2692世帯が暮らし、3~4人のファミリー世帯が多い。また、来店客の76.2%は車で来店する。幹線道路沿いに位置し、イオンタウンおゆみ野の広大な駐車場(1549台)を利用することのできるアクセスのよさは、集客面で強みを発揮しそうだ。
 改装後の売場面積は3006㎡(約909坪)で改装前と変わらない。広々とした店内では生鮮4部門1957SKU、デイリー2690SKU、グロサリー6765SKUなど、計1万5653SKUを取り扱う。改装前の2万1292SKUから5639SKU減っているが、これは生鮮の売上構成比を38%から45%に引き上げ、売場を割いたためだ。来店頻度を高めるためには生鮮の充実が不可欠との考えによるもので、こうした“生鮮重視”は、今回の大型活性化でめざす「買物体験型スーパーマーケット」のコンセプトのひとつでもある。
 「買物体験型スーパーマーケット」とは、マックスバリュ関東が今後展開する、新しい店舗のスタイルだ。来店客へ「滞在時間を楽しむスーパーマーケット」「五感を刺激するスーパーマーケット」「自分好みのスーパーマーケット」「買い物以外の目的のあるスーパーマーケット」という4つの価値提供を行う。“生鮮重視”は「滞在時間を楽しむ」ことと「五感を刺激する」ことに大きく関わっている。

おゆみの店の青果売場
広々とした青果売場。入ってすぐの場所には、旬の果物や野菜が陳列されている。

1 2 3 4

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media