コストコ、ウーバーイーツでの配達開始、ウォルトも3店舗に拡大

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

ウーバーイーツで配達が可能となったコストコの商品の一例
ウーバーイーツのアプリで、食品や日用品など900品目以上の商品を注文できる

 コストコホールセールジャパン(川崎市)は、デリバリーサービスの「Uber EATS(ウーバーイーツ)」による商品の宅配をスタートした。「コストコ川崎倉庫店」(同)から注文の受け付けを開始、北海道の「札幌倉庫店」(札幌市)と「石狩倉庫店」(石狩市)でも順次始める予定だ。

 コストコのプライベートブランドをはじめ、生鮮食品や美容・衛生用品、日用雑貨など900品目以上の商品を注文できる。注文はウーバーイーツのアプリで行う。最低注文金額の設定はなく、1品からでも注文可能。注文金額が2000円未満の場合は、200円の手数料がかかる。

 また、札幌倉庫店では11月21日、「富谷倉庫店」(宮城県富谷市)では12月16日から、デリバリーサービスの「Wolt(ウォルト)」による宅配を始める。食品・日用品など約1500品目を、ウォルトのアプリやウェブサイトで注文できる。各倉庫店から約15km圏内を対象エリアに、最短90分で商品を届ける。配達料は399円。

 ウォルトによる宅配は2021年8月に「広島倉庫店」(広島市)で始めており、取り扱い店舗は3店舗に増える。

コストコ商品をスタッフから受け取るウォルトの配達員
フィンランド発のウォルトは2021年春から、日本のコンビニやドラッグストアなどと提携して、店頭商品の配達を始めた

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media