ネットスーパー売上100億円が射程圏内に! ライフ2021年度上期決算まとめ

2021/10/08 05:55
ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

ライフコーポレーション(大阪府/岩崎高治社長:以下、ライフ)は10月7日、2022年2月期上期の決算説明会を開催した。緊急事態宣言の延長が繰り返された中、ライフの業績はどう推移したのか。

ライフ

営業利益は前期実績を下回るも……

 ライフの2022年2月期上期連結業績は、営業収益が対前期比0.1%増の3870億円、営業利益が同9.8%減の152億円、経常利益が同10.0%減の156億円、四半期純利益が同7.9%減の107億円だった。

 記録的な好決算だった前期の反動減が懸念された22年2月期上期決算だったが、巣ごもり消費の勢いは衰えることなく、営業収益は前期から横ばいだった。利益面を見ると、食品を中心に各部門の粗利益率が改善したことにより、売上総利益、営業総利益はともに前期を上回ったものの、人件費をはじめとした販管費がかさんだ影響で(同2.8%増)、営業減益となっている。

 ただ、減益と言っても、ライフは期初発表の通期業績予想で、営業利益190億円、経常利益200億円、当期純利益125億円という目標を掲げている。つまり、上期だけで通期の利益目標の約8割を稼いでいることになる。

 既存店売上高は同1.8%減だった。客数が同1.8%増と伸長した一方で、客単価が同3.5%減(いずれも既存店ベース)となった影響で前期実績を下回った。ただ、これも21年2月期の既存店売上高が同8.5%増という“異常値”だった影響が大きく、全店売上高は前期から横ばいとなっている。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media