新たな旗艦店「ライフグランシップ大船駅前店」 岩崎高治社長が「絶対売れる」と確信する理由とは

松尾 友幸 (ダイヤモンド・チェーンストア 記者)
Pocket

ライフコーポレーション(大阪府/岩崎高治社長:以下、ライフ)は2021227日、神奈川県横浜市に「ライフグランシップ大船駅前店」(以下、大船駅前店)をオープンした。同店は新たな旗艦店の位置づけで、オープン時の会見で岩崎社長が「絶対売れる」と自信を見せた店舗だ。そんな大船駅前店は、一体どのような売場づくりをしているのか。同店で初チャレンジした新たな取り組みを中心に紹介する。

大船駅前店が入居する大型複合施設「グランシップ」
大船駅前店が入居する大型複合施設「グランシップ」

新たな商品や売場づくりに積極的にチャレンジ

 大船駅前店が出店したのは、JR各線「大船」駅から直結の大型複合施設「グランシップ」の地下1階。もともとライフは以前同地に存在した商業施設の地下1階に旧「ライフ大船店」(174月閉店)を出店していたが、商業施設の取り壊しのため約15年の営業に幕を閉じた。大船駅前店の出店により、約4年ぶりに大船にライフが舞い戻った格好だ。

 大船駅前店は、“おいしい” “ワクワク” “ハッピー”という「ライフらしさ」を軸に、出来立てや簡便・即食などをテーマに近年の既存店で展開している最新の商品政策(MD)を詰め込んでいるほか、新型コロナウイルスの感染拡大により生じたニーズの変化などを踏まえ、新たな商品の導入や売場づくりに積極的にチャレンジしているのが特徴だ。

1 2 3 4

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media