食のSPA化が進んでいるクイーンズ伊勢丹 PB比率2割のために行う施策とは

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

SPA大

首都圏の1都3県に17店舗を展開する「クイーンズ伊勢丹」。その運営元のエムアイフードスタイル(東京都/雨宮隆一社長)では、「三越伊勢丹ブランド」として「安心・安全」「高品質」を切り口とした、ほかでは手に入らないプライベートブランド(PB)食品を自社開発し、顧客から厚い支持を得ている。同社の商品開発の方針について、責任者に話を聞いた。

売上高構成比約17% 約750SKUをラインアップ

 三越伊勢丹グループの関連会社であるエムアイフードスタイルは、三越伊勢丹フードサービスが育て、培ってきたスーパーマーケット事業および食品製造加工卸事業等を承継し、2018年4月に誕生した(会社設立は17年12月)。ここ数年は、競合とのさらなる差別化を図るため、化学調味料や添加物を極力使用せず、独自の商品を、自社工場で製造することに力を入れている。

クイーンズ伊勢丹のPB売場
エムアイフードスタイル運営のクイーンズ伊勢丹では現在、グロサリー中心に約800SKUのPBを販売している(以下、写真はすべて「クイーンズ伊勢丹品川店」にて撮影)

 現在、同社では2つのオリジナルブランド(「ISETAN MITSUKOSHI THEFOOD」〈以下、THE FOOD〉、「クイーンズ伊勢丹オリジナル」〈以下、オリジナル〉を中心に自社工場での製造開発を進めている。いずれも、各カテゴリーのバイヤーが、顧客の日々の食事を楽しくし、食への好奇心に応えるために生まれたブランドだ。

「ISETAN MITSUKOSHI THE FOOD」のレトルトカレーシリーズ
「ISETAN MITSUKOSHI THE FOOD」のレトルトカレーシリーズは人気商品の1つ。統一感のあるパッケージデザインは売場の中でも目を引く

 「THE FOOD」は、「安心・安全、当店以外では購入できないもので、百貨店品質でありながら、価格帯は百貨店商品の7割から8割程度に設定している」(執行役員商品統括本部長兼商品部長・笹英典氏)という一方、「オリジナル」は「当初はナショナルブランド(NB)の置き換えとしてスタートしたが、原料やフレーバーを変更するなど、この数年はオリジナル性の追求にシフトしている」(同)という。

クイーンズ伊勢丹オリジナルのゼリーシリーズ
クイーンズ伊勢丹オリジナルのゼリーシリーズはロングセラー商品となっている

 この2ブランドを合わせたSKUはグロサリー中心に750程度あり、店舗売上高に占める割合は

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media