ウォルマート、アマゾンと差別化に成功、ターゲットの商品開発の強みとは

平山幸江(リテールストラテジスト)
Pocket

SPA大

市場競争の激しい米国の小売業界では、競合他社との差別化が何よりも重要となる。商品開発においては、価格が安いだけではなく、独自性や消費者の潜在欲求を先取りするような企画力が重視されている。本稿では、圧倒的な独自性を持つプライベートブランド(PB)商品で熱烈な支持を集める米国小売、トレーダー・ジョーズ(Trader Joe’s)とターゲット(Target)の商品戦略を見ていきたい。

トレーダー・ジョーズの記事はこちら

ニューノーマルに商機を見る新PB「フェイバリット・ディ」

 ディスカウンターであるにもかかわらずスタイリッシュなイメージを持ち、ウォルマート(Walmart)やアマゾン(Amazon.com)との差別化に成功しているターゲット。その成功を支えているのはPB開発と言っても過言ではない。

 同社は

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media