イオンの新ネットスーパーGreen Beansの戦略と新たなビジネスモデルとは

森本 守人 (サテライトスコープ代表)
Pocket

イオン(千葉県)は、ネットスーパーの新ブランド「GreenBeans(グリーンビーンズ)」を立ち上げ、今夏からサービスを開始すると発表した。都心部に居住する忙しい層に「まとめ買い」を提案、さらに高度なAIを駆使した利便性の高い機能も充実して利用者獲得を図る。

デジタルシフトの目玉施策

 「グリーンビーンズ」がコンセプトに掲げるのは「買い物を変える。毎日を変える。」。共働きや子育て世代など、都市部に居住する忙しい人々が家事や買い物に費やす時間を節約、楽しく充実したライフスタイル実現のサポートをめざす。

イオンのネットスーパーの新ブランド「GreenBeans」
イオンは今夏、グリーンビーンズをスタートさせ、30年までに、グループとして6000億円のネットスーパー売上をめざしている

 イオンは現在、2021年度を初年度とし、5年を期間とする中期経営計画を推進している。その中、今後の成長戦略をにらみ、力を入れる施策のひとつは「デジタルシフトの加速と進化」。立ち上げるネットスーパーはその目玉施策となる。

 イオンの吉田昭夫社長は、ねらいを次のように説明する。「25年以降、労働人口の半分がミレニアル世代に入れ替わる。つまりデジタルネイティブが消費の中心になっていく。ただ日本は、食品市場のうちオンライン比率は数%と米中と比べ大きく遅れている。今後、食の分野でデジタルにアプローチすれば大きな事業機会になる」。

 グリーンビーンズが、サービス提供の拠点とするのは、千葉市誉田に設置する大型自動倉庫。最新のAIやロボットを活用した、イオン初の「CFC(顧客フルフィルメントセンター)」だ。

 イオンは19年11月、英国のネットスーパー最大手「オカド」との提携を発表。同年12月には新サービス運営を手掛けるイオンネクスト(千葉県/バラット・ルパーニ社長)を設立し、上記のCFCを含め、新サービスの準備を進めてきた。

 あらためてイオンのEC事業に目を向けると、

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

記事執筆者

森本 守人 / サテライトスコープ代表

 京都市出身。大手食品メーカーの営業マンとして社会人デビューを果たした後、パン職人、ミュージシャン、会社役員などを経てフリーの文筆家となる。「競争力を生む戦略、組織」をテーマに、流通、製造など、おもにビジネス分野を取材。文筆業以外では政府公認カメラマンとしてゴルバチョフ氏を撮影する。サテライトスコープ代表。「当コーナーは、京都の魅力を体験型レポートで発信します」。

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態