人手不足でアルバイトになめられまくるコンビニ店長の悲哀と解決策

2019/08/07 05:00
神南文弥(じんなん ぶんや)

このシリーズは、部下を育成していると信じ込みながら、結局、潰してしまう上司を具体的な事例をもとに紹介する。いずれも私が信用金庫に勤務していた頃や退職後に籍を置く税理士事務所で見聞きした事例だ。特定できないように一部を加工したことは、あらかじめ断っておきたい。事例の後に「こうすれば解決できた」という教訓も取り上げた。今回は、大手コンビニエンスストアのチェーン加盟店のオーナー兼店長が人手不足のため、一見なす術がないこの事例とその解決策を紹介したい。

 

Photo by TAGSTOCK1
Photo by TAGSTOCK1

第12回の舞台:コンビニエンスストア

都内のコンビニエンスストア(店長以下、アルバイトは17人)

 

バイトの中核は中年フリーター、外国人、高齢者

 深夜1時、マンションの3階。40代前半の夫婦が見入るのが、1階のコンビニエンスストア店内の防犯カメラを通じて送られてくる映像だ。レジ付近やCDコーナー、雑誌や総菜、飲料水などの付近に6台設置してある。バックオフィスには、3台ある。

 今日は2週間前からアルバイトとして働き始めた吉永(35歳)がはじめて深夜(2200∼07:00)シフトに入る。いわゆる、中年フリーターだ。その姿が、夫婦の自宅に接したカメラの画面にリアルタイムに写る。深夜シフトでパートナーを組むのは、同じくフリーターの中尾(42歳)だ。この店でのアルバイト歴は、10年を超える。

 15年ほど前に、夫婦の父親(夫の実父)が弁当屋を閉め、コンビニエンスストアのチェーン店に加盟し、オープンさせた。父は数年後に他界。その時から、長男の吉永がオーナー兼店長になった。それを妻の陽子(41歳)がアルバイトスタッフとして支える。

 当初からアルバイトは、平均20人程。週3∼4日以上のシフトに入る人は年々減り、今では5∼7人だ。

 カメラの画面をじっと見ながら、夫婦が話す。

 「2週目で、さっそく深夜に入れるのは早いんじゃない?」

 「ほかに人がいないから、仕方がないだろう…。学生が(アルバイトの面談に)来ないんだから。お前ぐらいの年齢の主婦も来ないよな」

 現在、アルバイトは17人。週4日以上の勤務は5人。30∼40代のフリーターの男性、20代前半のスリランカからの留学生、60代の後半の男性などだ。学生や30∼40代の主婦は5人しかいない。アルバイトスタッフの中核は、30∼40代の中年フリーター、外国人、高齢者たちなのだ。

 「このメンバーだけでは、数が足りない。俺が週6日、1610時間のシフトに入らないと、(店が)回っていかない。お前が週4日、156時間のシフトだろう。母さん(店長の実母)が70代後半で、週6日、124時間。いつまでも、この生活は続かないよ」

 

 夫婦は無言のまま、画面を見つめていた。吉永と中尾の姿が画面に写らない。

 「さっそく、写らないところにこもったのね。バックオフィスの端のほうは、カメラに写らないから…。あそこで何時間も休憩しているの。中尾さんに教えられたな」

 「それをわかっていても、こちらは強くは言えない。辞めてもらっては、困るからね」

次のページは
こうすればよかった!解決策

1 2

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media