ビックカメラが推進するオムニチャネル戦略 「現場DX」を実践するためのエンジンとは?

Pocket

ビックカメラの売場の様子
ビックカメラは無線LANのリプレースに着手。高い安定性と性能を誇り、止まることが許されない店舗運営、さらにはオムニチャネル戦略のインフラとしてクラウド管理型ネットワークソリューションMerakiの導入を決めた。

次世代の店舗づくりで顧客体験価値向上へ
オムニチャネル戦略を加速させるビックカメラ

新型コロナウイルスの感染拡大により、人々の生活様式が大きく変化している。小売店でのデジタル化が遅れていた日本でも、ニューノーマル(新常態)に直面する中、流通業界ではデジタル変革の必要性が増しており、現場業務においてIT活用の必要性が高まっている。

小売業の店舗業務においては、ヒトやモノの動き、状態をリアルタイムに把握できるようになり、店舗における従業員の適切な配置、在庫の最適化、マーケティングの効率化など、いわゆる「現場デジタルトランスフォーメーション(DX)」を実践する企業も出てきている。

「現場DX」に積極的に取り組んでいるのが家電量販大手のビックカメラだ。「お客様のニーズや価値観、購買行動は大きく変化しています。その中で持続的な成長を目指すためには、お客様に新しい買い物体験を提供し、満足度向上を図ることが欠かせません」とビックカメラ執行役員システム部長の菊池秀樹氏は話す。

ビックカメラはデジタルを活用した新たな顧客体験の提供に注力している。たとえば、リアルタイムに売価を変更する「電子棚札」の導入や店頭実演販売をネットで生中継するライブコマース、スマホアプリを使ったクーポン配信など新たなチャレンジが続々と生まれ、オムニチャネル戦略を加速させている。

ビックカメラが「現場DX」を推進するエンジンとして活用しているのが、店舗のデータを効率的に収集し、時間と場所を問わず管理できるクラウド管理型ネットワークソリューション「Cisco Meraki (メラキ)」(以下、Meraki)だ。「デジタルを活用した次世代の店舗づくりを進め、お客様の新しい買い物体験を提供する。この取り組みを支えるインフラとしてMerakiは欠かせない」と前出の菊池秀樹氏は強調する。

顧客体験(CX)向上に結び付くレポートをダウンロードし、御社の「現場DX」推進の参考にしていただきたい。

家電量販店のデジタルシフトをリード 新無線 LAN を通じて提案する新しい買い物体験 家電量販店のデジタルシフトをリード 新無線 LAN を通じて提案する新しい買い物体験 家電量販店のデジタルシフトをリード 新無線 LAN を通じて提案する新しい買い物体験

レポートのダウンロードはこちらから

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media