ローソン、深夜時間帯の省人化実験を開始、売場に店員を配置せず

2019/08/23 10:30
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

ローソン氷取沢店 無人化イメージ
QRコードや入店カードなどで利用者の入店を管理する

 ローソンは8月23日、横浜市磯子区の「ローソン氷取沢店」で深夜時間帯に売場に店員を配置しない省人化の実験を始めた。完全セルフレジを設置するなどして、人手不足が深刻な深夜時間帯の省人化対応を検証する。

 深夜0時から午前5時まで店員1人がバックヤードで勤務するが、売場は無人化する。この時間帯は、ローソンアプリに登録した入店用QRコードや事前に配布した入店カードなどで利用者の入店を管理する。利用者は、スマートフォンアプリを使って決済する「ローソンスマホレジ」、または完全セルフレジで商品代金を支払う。店員による対応が必要なたばこや酒類、カウンターで販売する総菜、切手類、チケットなどは販売せず、公共料金などの収納代行も受け付けない。

 氷取沢店での実験は半年間続ける予定で、その間に取扱商品の拡大やシステム、運用方法の見直しを行う予定。また、店員を全く配置しないで営業する実験も行う予定だ。店舗オペレーションや防犯、物流面での課題、売り上げの推移などを検証した上で、省人化店舗の拡大を検討する。

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media