第4回 上司の「独りよがりで、執拗ながんばり」が、部下を潰す

2019/05/21 05:00
神南文弥(じんなん ぶんや)

「指導」や「育成」と信じ込み、次々に部下を潰す上司の具体的な事例と解決策を5回連続で紹介する当連載。私が信用金庫に勤務していた頃や退職後に籍を置く税理士事務所で見聞きした事例だ。特定できないように一部を加工したことは、あらかじめ断っておきたい。今回は、中小企業メーカーの社長が、若手・中堅の社員をやる気をなくさせていく様子を紹介したい。

 

第4回の舞台:精密機械メーカー

精密機器メーカー。創業約40年で、社員数は110人。

 

経験がないのに、部下をマイクロマネジメント

 人口15万人ほどの地方都市。ここに、地元では名が知れた精密機器メーカーがある。現在の社長は60代前半で2代目。父が創業者で、現在は80代後半の会長。

 社長はこの数年、雑誌に「次世代を担う中小企業経営者」として時折、登場する。有名な大企業と提携し、様々なイベントをしかけるなどパフォーマンスは巧みだ。創業経営者の父を意識しているのか、独自性を演出しようと躍起になっている。

 1年半前、創業以来はじめて広報課をつくり、20代半ば~30代前半の2人の女性社員を配置した。2人にホームページや社内報の編集制作をさせるが、あらゆることに社長が介入してくる。思い入れが強いのか、企画からアップロードまですべての会議や打ち合わせに参加し、指示をする。「熱心」と言えば聞こえは良いが、実際は言っていることが、その都度コロコロと変わる。実は社長、この分野の仕事の経験はない。

 2人が疑問を呈すると、途中で遮り、言い放つ。「お前たちでは、まだムリだな。俺がやんなきゃあ、ダメなんだな」。2人が外部の編集制作会社に発注した原稿が仕上がると、隅々まで目を通す。老眼鏡をはずし、顔を原稿に近づけ、数時間、黙ったまま書き込む。

 この間、各部署から社長のもとへ届く報告への回答はどんどんと遅れる。各部署の業務は全般的に遅れているが、意に介さない。

 2人は顔色をうかがい、常に判断を仰ぐ。いつしか覇気のない表情になり、仕事をのろのろとこなす。今や笑うこともなく、怒ることもない。社長は「元気がないな。どうしたんだ?」と声をかける。2人はうつむいたまま、かすかに苦笑いをする。

次のページは
こうすればよかった!解決策

1 2

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media