第1回『Slack(スラック)』を使ってみよう!

解説:長谷川 秀樹 (ロケスタ代表)
文:高浦佑介 (ダイヤモンド・ホームセンター編集長)
Pocket

hasegawa

AI、IoT、クラウド、ビッグデータ…とりあえず調べてみたけどよくわからない。結局うちのビジネスで何の役に立つの?という人向けの新連載。東急ハンズ(東京都/木村成一社長)、メルカリ(東京都/山田進太郎会長兼CEO)でCIO(最高情報責任者)を務めた長谷川秀樹氏に、デジタルを使って今すぐ実践できることをかみ砕いて解説してもらう。

チャットだけじゃない!
スラックのすごいところ

 「Slack」って何?という方も多いかもしれません。ちょっと知っている人は「ああ、チャットができるやつね」という感じでしょうか。

 写真のようなアプリで、ビジネスのコミュニケーションツールとして使われることが多いです。プロジェクトごとにチャンネル(部屋)をつくることができ、チャットを通じて議論を進めることができます。

 「チャットならメールでええやん」と思う方も多いでしょう。しかし、スラックは「オンライン会議室」なんです。

 よくある伝統的な会社では、重要なプロジェクトの議論など、参加できる関係者全員を集めて会議をします。「キーパーソンになる人たち全員が揃うのは2週間後だからこの日に会議をして、次は1カ月後に…」というのもよくみる光景です。

 スラックを使うとこのスピードが格段に速くなります。プロジェクトの参加者だけが議論に参加できるチャンネルをつくれば、物理的にその場に居合わせていなくても、会議を始めることができます。

長谷川秀樹
東急ハンズ、メルカリのCIOを経て数々の小売企業のリテールDXを推進している長谷川秀樹氏

 しかも、パソコン、スマホ、どちらでもOK。ほかの会議中や移動中でも簡単にチームメンバーの意見を見たり、書き込んだりすることができます。検索機能もあるため、過去の記録も簡単に探せます。

 スマホでは、アプリをダウンロードして、メールアドレスを登録すれば、今すぐ開始できます。パソコンからは、スラックのホームページ(写真)からメールアドレスを登録するだけです。デスクトップアプリも便利です。

 なんと、基本的な機能はタダで使えます。まだ使ったことがない人は、このQRコードからダウンロードしてみてください。

 私が以前勤めていたメルカリは「スラック至上主義」と呼んでいいほど、スラック上で仕事を進めています。複数のプロジェクトを同時に走らせることで、びっくりするくらい生産性が上がります。

 それだけではありません。デスクワークをするとき、異なるシステムをたくさん立ち上げていませんか。メールはアウトルックで、経費精算は○○というシステムで、勤怠管理はまた違う、などなど。これが1つで済めばどうでしょう。

 ちょっと上級な使い方ですが、「インテグレーション」という機能を使えば、これらすべてをスラック上で完結させることができます。

次ページは
成功のカギは?
1 2

解説

長谷川 秀樹 / ロケスタ 代表

1994年アクセンチュア株式会社入社。2008年株式会社東急ハンズ入社後。2011年、同社執行役員に昇進。2013年、ハンズラボ株式会社代表取締役社長就任(東急ハンズの執行役員と兼任)。2018年、ロケスタ株式会社代表取締役社長就任。2018年10月株式会社メルカリ執行役員就任。2020年2月生活協同組合コープさっぽろCIO就任。その他複数社のCIO兼務。

高浦佑介 / ダイヤモンド・ホームセンター編集長

2010年東京大学文学部卒業、12年同大学院修士課程(社会心理学)修了。14年ダイヤモンド・リテイルメディア入社。『ダイヤモンド・チェーンストア』誌の編集・記者を経て、19年4月より現職。

関連記事ランキング

関連キーワードの記事を探す

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態