繁盛マッサージ店が教える、離職せずに成果の上がる人材の登用・管理・育成の方法!

2019/11/05 06:59
神南文弥(じんなん ぶんや)

このシリーズは、部下を育成していると信じ込みながら、結局、潰してしまう上司、あるいは逆に人材活用が上手で成功している企業や店を具体的な事例をもとに紹介する。いずれも私が信用金庫に勤務していた頃や退職後に籍を置く税理士事務所で見聞きした事例だ。特定できないように一部を加工したことは、あらかじめ断っておきたい。事例の後に「こうすれば解決できた」「ここが良かった」という教訓も取り上げた。
今回は、私が5年程前からほぼ毎月、数回は通う「整体マッサージ」の社長の優れたマネジメントを紹介したい。

Photo by Yagi-Studio
Photo by Yagi-Studio

 

第28回の舞台:マッサージ店

(中国人の社長以下、アルバイトの店員15人)

 

目標とするレベルを個々に共有し、到達するために教育

 私がこの店に腰痛の痛みを和らげるために通い始めたのは、マッサージ師である中国人たちの技術のレベルがほかの店に比べ、相当に高いと感じたからだ。20代前半の頃から慢性的な腰痛で、腰や背中、首などのマッサージは平均で月に数回は通い続けている。20年程で15店舗以上でもんでもらったが、この店が最も優れていて、早いうちに腰の痛みが和らぐように感じた。

 社長であり、店長の中国人男性(46歳)によると、マッサージ師は16人で、全員が中国人。平均年齢は、30代前半。ほかの店でマッサージ師として働いていたのを社長がハンティングしてきた。「技術のレベルが高い」と社長が判断したためだ。ここからが、社長の本領発揮。自らがハンティングをした理由を詳細に各自に伝え、双方で目標とするマッサージのレベルを話し合い、共有する。そのうえで、お客がいない時間を見計らい、練習する。社長がお客になり、ベットに横たわり、マッサージを受けながら、「ここはこうしたほうがいい」と指摘する。

 こんなトレーニングが、毎日1時間はみっちりと続く。もともと、レベルが高いマッサージ師たちだけに、社長の助言を素直に受け入れる力や下地がある。早いうちに全員のレベルの底上げがされたようだ。私が5年ほど前から通い、16人のうち半数近くにローテーションでもんでもらっていたが、たしかに全員の技術は高いところでそろっていた。このようなマッサージ店は、私が知る範囲でいえば、決して多くはない。

 社長は、16人を年に数回は高尾山や江の島、鎌倉などに観光をかねて連れていった。全員で行動を共にすることで、一体感を養うことが狙いなのだという。全員の技術が底上げされているがゆえに、このような観光でも話が弾み、楽しくなるらしい。スキルや経験の共有があるからこそ、互いに深く知り合うことができるのだろう。

 この店は1年前、私の勤務する事務所のそばから、5キロ程離れた駅そばに移転した。今も、私は同じペースで通う。それほどに、マッサージ師たちのレベルは高いからだ。130分で3200円を支払うが、その額以上のサービスをしてくれていると思う。店が移転したときに、16人のうち、辞めたのは1人だったらしい。残りは全員が社長の判断に従い、新しい店に移った。これもまた、この業界ではあまり聞かないことだ。

 社長は、「みんな(マッサージ師たち)の声を聞いているだけ」と流ちょうな日本語で、私に答えていた。

 

1 2

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media