ソフトバンクと佐川急便、自動走行ロボットを使った配送実験、アスクルなども協力

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

「東京ポートシティ竹芝」イメージ図
東急不動産などが東京都港区で開発した「東京ポートシティ竹芝」周辺で実証実験を行う

 ソフトバンクと佐川急便は、自動走行ロボットを使った配送実験を行う。東京都港区の竹芝エリアで、ロボットが公道やオフィスビル内を自動走行して、荷物を届ける実験を9月以降に実施する。

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の公募事業に応募し、実施者に選定された。実験には東急不動産やアスクルなども協力、配送拠点や物流に関する知見などを提供する。

 屋外での実験では、自動走行ロボットと信号機の連携システムを開発し、公道を安全に走行しながら荷物を配送できるかを検証する。屋内の実験は、ソフトバンクの新本社となる「東京ポートシティ竹芝オフィスタワー」で行う。自動走行ロボットと館内エレベーターの連携システムを導入し、異なるフロアに荷物を配送する。

 ソフトバンクと佐川急便では、今回の実証実験を通じて、自動走行ロボットによる非対面・非接触での配送サービスの早期実現を目指す。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media