アイリスオーヤマ、ソフトバンクロボティクスに100億円出資、資本業務提携

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

アイリスオーヤマが出資した、ソフトバンクロボティクスの「Whiz i」
人工知能を搭載した除菌・清掃用ロボット「Whiz i アイリスエディション」を法人向け納入するなど、両社は共同でビジネスを展開している

 アイリスオーヤマ(仙台市)は2月2日、ソフトバンクグループ傘下のソフトバンクロボティクスグループ(東京都港区)と資本業務提携すると発表した。ソフトバンクロボティクスが実施する第三者割当増資を引き受け、100億円を出資する。

 アイリスオーヤマは、ソフトバンクロボティクスが開発した自律走行型の床掃除ロボット「Whiz i(ウィズアイ)」や配膳・運搬ロボット「Servi(サーヴィ)」に、アイリスオーヤマが独自の機能を加えたロボットを、小売業や外食店などに販売している。2021年2月には、両社の合弁でアイリスロボティクス(仙台市)を設立するなど協業関係にある。

 資本業務提携によって、企業や医療施設、教育機関などへのサービスロボットの導入と、新たなロボットの開発を加速させる。アイリスオーヤマが開発した照明などの無線制御システム「LiCONEX」とサービスロボットを連携させた、新たなソリューション開発にも取り組む予定だ。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media