アイリス、除菌ウェットティッシュを国内生産、ドラッグストアなどで販売開始

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

アイリスオーヤマの国内生産したウエットティッシュ「ジョキンができるウェットティッシュ」
厚みのある「凄厚シリーズ」と100枚入りの「大容量シリーズ」を用意した

 アイリスオーヤマは1月17日、国内生産した除菌ウェットティッシュを発売した。商品名は「除菌ができるウェットティッシュ」で、全国のドラッグストアや自社のEC(インターネット通販)サイトを中心に販売する。

 これまでは中国の工場に生産を委託していたが、宮城県角田工場(角田市)の一部を改修して生産設備を導入、除菌ウェットティッシュの国内生産を始めた。国内工場で内製化することで、有事の際のサプライチェーンの寸断を回避し、商品を安定供給できるようにする。

 発売したのは、厚みがあって破れにくく室内の掃除に適した「凄厚シリーズ」(65枚入り、税込480円)と、普段使いに適した「大容量シリーズ」(100枚入り、450円)で、それぞれアルコールタイプとノンアルコールタイプをラインアップした。

 角田工場での除菌ウェットティッシュの生産能力は月産80万個。同社は2020年7月から同工場でマスクの国内生産も行っている。

アイリスオーヤマの宮城県角田工場内の除菌ウエットティッシュの生産ライン
宮城県角田工場に数億円をかけて除菌ウェットティッシュの生産ラインを導入した

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media