印ネット通販スナップディールがIPO申請、SBG出資

ロイター
Pocket

ナップディールのロゴ
ソフトバンクグループ(SBG)が出資するインド電子商取引(EC)大手スナップディールは21日、当局に新規株式公開(IPO)を申請した。写真はニューデリーで2017年4月撮影(2021年 ロイター/Adnan Abidi)

[ベンガルール 21日 ロイター] – ソフトバンクグループ(SBG)が出資するインド電子商取引(EC)大手スナップディールは21日、当局に新規株式公開(IPO)を申請した。

インドでは今年、株式市場が活況となる中、電子決済サービス「Paytm(ペイティーエム)」の運営会社や美容系ECサイト運営のナイカ、料理宅配ゾマト が上場を果たした。

目論見書の暫定版によると、スナップディールはIPOに向け125億ルピー(1億6509万ドル)相当の株式を新規発行し、3080万株の売り出しも行う。

スナップディールはインド市場で米ウォルマート傘下のフリップカートと米アマゾン・ドット・コムと競合関係にある。インド財閥のリライアンス・インダストリーズもネット販売を急拡大しているため、将来的に脅威になる可能性がある。

ソフトバンクGやフォックスコン、セコイア・キャピタルなどの出資者はIPOに向けて保有株の一部売却を表明している。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media