日本はAI後進国、早くキャッチアップを=ソフトバンクG社長

2019/07/18 18:00
ロイター

孫正義会長兼社長
7月18日、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長(写真)は、都内で開いた法人向けイベントで、日本は人工知能(AI)後進国になってしまったとして、早く目を覚ましてキャッチアップする必要があると危機感をあらわにした。写真は都内で昨年11月撮影(2019年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 18日 ロイター] – ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は18日、都内で開いた法人向けイベントで、日本は人工知能(AI)後進国になってしまったとして、早く目を覚ましてキャッチアップする必要があると危機感をあらわにした。

孫社長は「ついこの間まで日本は技術の世界最先端、最も進んだ国だったが、AI分野ではいつの間にか後進国なってしまった」と指摘。「今でも手遅れではないかもしれないが、かなりやばい状況になっている」として、「1日も早く目を覚ましてキャッチアップしないといけない」と強調した。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media