アマゾン、「アレクサ」搭載製品をブラジルで発売へ

2019/10/03 15:00
ロイター

アマゾン・エコー
10月2日、米アマゾン・ドット・コムは、音声を認識する人工知能(AI)「アレクサ」を搭載した製品を今月からブラジルで発売することを明らかにした。写真は
「アマゾン・エコー」。ニューヨークで2017年5月撮影(2019年 ロイター/Shannon Stapleton)

[サンパウロ 3日 ロイター] – 米アマゾン・ドット・コムは2日、音声を認識する人工知能(AI)「アレクサ」を搭載した製品を今月からブラジルで発売することを明らかにした。

同社はブラジル事業を急ピッチで拡大しており、3週間前にはブラジルで有料会員「プライム」サービスを開始した。配送料は全国無料で、90以上の市町村では最短48時間で配達するサービスを受けられる。

発売するのは「エコー・ドット」「エコー・ショー5」「アマゾン・エコー」。エコー・ドットとエコー・ショー5は事前予約で値引き販売するほか、地元の小売りチェーン「ファストショップ」の一部店舗でも販売する。アマゾン・エコーは11月に発売される。

同社幹部は記者団に、地元の他の小売りチェーンで3製品を販売することを今後検討するかもしれないと発言。地元の通信会社と提携する可能性も否定しなかった。

発売する3製品は中国から輸入する。販売台数や販売台数の予想は明らかにしなかった。販売価格は349─699レアル(84.53─169.30ドル)。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media