楽天と西友、自動走行ロボットで商品配送、「リヴィンよこすか店」で

2019/09/20 10:30
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

楽天と西友の自動走行ロボット
注文を受けた商品を隣接する「うみかぜ公園」に運ぶ

 楽天と西友は、自動走行ロボットを使って一般利用者から注文を受けた商品を配送する実証実験を行う。9月21日から10月27日までの土曜日と日曜日に、利用者がスマートフォンアプリで注文した商品を「西友 リヴィンよこすか店」(神奈川県横須賀市)から隣接する「うみかぜ公園」内の所定の受け取り場所まで運ぶ。一般利用者を対象とした自動走行ロボットによる商品配送サービスは国内で初めて。

 専用アプリで生鮮品を含む食品や飲料、救急用品など約400品目を注文することができる。受け取り希望時間と受け取り場所を選択して、「楽天ペイ」で決済すると注文が完了する。プッシュ通知で届いた暗証番号を自動走行ロボットのタッチパネルに入力することで、商品を受け取ることができる。配送料は税込300円。バーベキューやピクニックなどの目的で、うみかぜ公園を訪れた人たちなどの利用を想定する。

 両社は7月、リヴィンよこすか店から横須賀沖の猿島まで一般利用者から注文を受けた商品をドローン(小型無人機)で配送するサービスを約3ヵ月間の期間限定で実施している。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media