西友の店内にレタス畑が出現!? 「店内栽培」は食品小売の新たな潮流となるか

2020/03/06 07:52
雪元史章(ダイヤモンド・チェーンストア副編集長)

西友(東京都/リオネル・デスクリー社長兼CEO)は2月26日、埼玉県内の店内に「植物工場」を開設し、そこで水耕栽培したレタスの一種「グリーンリーフ」を売場で販売するという取り組みをスタートさせた。物流にかかる中間コストを省けると同時に、高鮮度の野菜を顧客に提供できるというメリットから、同様の取り組みは米国や欧州の食品小売企業でも相次いで始まっている。西友としてはそれだけでなく、同社が展開する総合スーパー(GMS)業態店舗の新たな収益モデルづくりの一役を担うものとして注目しているようだ。

 45坪のスペースで1日240株を生産

西友上福岡店に設置されたグリーンリーフの植物工場
西友上福岡店に設置されたグリーンリーフの植物工場

 東武東上線「上福岡」駅から徒歩数分の場所にある「西友上福岡店」(埼玉県ふじみ野市)。1984年にオープンし地域住民から親しまれてきた、西友の中でも老舗店舗の1つだ。

 そんな同店の3階部分に突如、「植物工場」がお目見えした。ゲームコーナーの一部を改修するかたちで約45坪のスペースを確保し、グリーンリーフの水耕栽培を行うという取り組みだ。ほかの売場からは壁を隔てて完全に遮断されており、常時一定の温度と湿度で管理されている。水耕栽培に欠かせない水道については既存の水道設備をそのまま転用した。売場側の壁の一部には中を見渡せるガラス窓が設けられており、お披露目された226日当日には、窓の向こうに広がる“レタス畑”を不思議そうに眺める来店客の姿も見られた。

収穫されるとすぐに売場に並べられる
収穫されるとすぐに売場に並べられる

 栽培するグリーンリーフは播種(種まき)から30日超で収穫を迎え、1日の生産量は240株。1年中、毎日同じ量が収穫される。また、現段階では45坪のスペースの半分程度を使っての栽培となっているとため、さらなる需要が見込めれば生産能力を拡大させていくこともできるという。収穫作業は午前中に行われ、そのまま店内地下1階の青果売場に運ばれ品出しされる。また、既存の配送ルートをそのまま利用するかたちで近隣店舗(小手指店、西荻窪店、リヴィンオズ大泉店、リヴィン光が丘店)への納品も行う計画だ。

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media