近鉄百貨店、直営のサラダ・スムージーショップを化粧品売場に

2019/07/31 11:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

サラダ・スムージーショップ Vegeru
全てのメニューに麹を使用する

 近鉄百貨店は9月4日、自社運営のサラダ・スムージーショップ「Vegeru(ベジル)」の1号店を「あべのハルカス近鉄本店」(大阪市阿倍野地区)にオープンする。

 薬剤師でダイエットや生活習慣病などに詳しい「インナービューティープランナー」の冨尾明里紗氏が全レシピを監修、「食べるコスメ」として化粧品売場で販売する。サラダの製造・販売を営むサラダカフェ(大阪府吹田市)からノウハウの提供を受ける。

 「秋の味覚 美腸サラダ」(税込1296円)、「ディープグリーンスムージー」(648円)などサラダ7品、スムージー4品などを販売する。腸内環境を整えるといわれる麹を全てのメニューに使用する。

 店舗面積は約16坪(約53平方メートル)で、座席数は12席(予定)。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media