近鉄百貨店、台湾発の食と雑貨のセレクトショップを「あべのハルカス」にオープン

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

近鉄百貨店の台湾発の食と雑貨のセレクトショップ「神農生活」
「神農生活」は生産者から直接買い付けた食品や雑貨を数多く取り揃え、台北市内で2店舗を展開している

 近鉄百貨店は4月9日、台湾発の食と雑貨のセレクトショップ「神農生活」を「あべのハルカス近鉄本店」にオープンした。台湾の家庭料理を楽しめるレストラン「食習」と、台湾茶のセレクトショップ「ウーロンマーケット(Oolong Market)茶市場」も同時に開業、面積は3店舗合計で825平方メートルとなっている。

 3店舗はあべのハルカス近鉄本店のタワー館10階にオープンした。神農生活は台湾の生産者から直接買い付けた食品や雑貨を数多く取り揃える。台湾のメーカーと共同開発した「愛文マンゴージャム」や水洗いが可能な「漁師網バッグ」などのオリジナル商品も販売する。

 食習では、「牛肉と揚げパンの炒め」「ナマコと魚の浮袋と豚肉の台湾式炒め」など9種類のメインディッシュの中から一つを選び、ごはんやスープなどと共に定食セット(税込1320円から)として提供。スイーツや飲み物も販売する。

 また、茶市場は約100種類の台湾茶を取り扱い、約50席のティーサロンでは台湾茶のほかドライフルーツやスイーツを楽しめる。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media