ドンキ、総菜に注力した新店舗を大阪・寺田町駅近くに開業、100円総菜も

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

大阪寺田町にオープンする総菜に注力した「ドン キホーテ寺田町店」の外観イメージ
JR西日本不動産開発が開発する高架下商業施設の1階部分に出店する

 ドン・キホーテは1月28日、JR大阪環状線の寺田町駅近くの高架下に総菜に注力した新店舗「ドン・キホーテ寺田町駅店」(大阪市天王寺区)をオープンする。

 オリジナルのから揚げブランド「いまから」のほか、弁当やサラダ、ボリューム満点のどんぶりなど、総菜の品揃えを充実させる。焼きそばやメンチカツなど100円(税別)の総菜も販売する。

 同店はJR西日本不動産開発が開発する高架下商業施設「VIERRA(ビエラ)寺田町」の核店舗として、1階部分に出店する。2階には24時間営業のフィットネスクラブが入居する。

 ドン・キホーテ寺田町駅店の売場面積は993㎡で、総菜や酒類を含む食品のほか、化粧品や日用品、フィットネス用品などを販売する。輸入食品コーナーでは世界各国の菓子や調味料などを展開、酒類ではクラフトビールや韓国焼酎なども取り揃える。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media