調理時間・健康・価格と品質の3つの観点からの「2極化」に対応するヨークのMD戦略とは

2021/01/11 05:50
ダイヤモンド・チェーンストア編集部

食品MD680

2020年6月、セブン&アイ・ホールディングス(東京都/井阪隆一社長:以下、セブン&アイHD)の「首都圏食品戦略」の中核として発足した新会社ヨーク(同/大竹正人社長)。ヨークマートを前身とする同社は、食品スーパー(SM)の核である生鮮食品の「磨きこみ」とともに、近年取り組んでいる「新規MD」を新店や改装店舗に導入しつつ、コロナ禍で生じた消費の「2極化」への対応を進めていく。

生鮮の売上上位商品は産地や取引先を複数確保

ヨーク取締役執行役員生鮮事業部長の川井孝志氏
取締役執行役員生鮮事業部長の川井孝志氏

 セブン&アイHDが推し進める「首都圏食品戦略」の中核企業、ヨーク。20年度は、新業態1号店の「ヨークフーズちはら台店」(20年5月開業)、「ヨークフーズ新宿富久店」(同年6月、「食品館イトーヨーカドー新宿富久店」から業態転換)などが順調に立ち上がり、コロナ禍による特需の影響も相まって、全社ベースの売上高は対前年同期比2ケタ増で推移している。

 「生鮮食品はSMの核である──」。そう話すのは、取締役執行役員生鮮事業部長の川井孝志氏だ。コロナ禍で家で過ごす時間が増えたことによる家庭内調理ニーズの高まりにより、生鮮食品のニーズは伸長している。21年度も生鮮食品を商品政策(MD)の軸に据え、20年度で取り組んできた「生鮮3部門のコア商品の品質維持」を継続する考えだ。

 青果では「トマト」、鮮魚では「マグロ」、精肉では「牛肉」

続きを読むには…

この記事は、有料会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

詳しくはこちら

DCSオンライン+有料会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media