コロナ禍で高質スーパーの売上急増 福岡のハローデイが絶対的な差別化のために進める「独自の商品開発」とは

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

食品MD680

競争の激しい九州エリアを主戦場とするハローデイ(福岡県/加治敬通社長)は、「楽しい食の提案」を掲げ、独自の品揃えや売場づくりに取り組んできた。独自商品としては、調味料を中心に2019年度から味にこだわった商品の開発を進め、好評を得ている。また、コロナ禍で価格政策を大きく転換したほか、プロセスセンター(PC)の活用で店内作業の負担軽減も進めていく。

30年以上続いていた販促企画を廃止

ハローデイ執行役員商品部長の戎谷秀彦氏
執行役員商品部長の戎谷秀彦氏

 ハローデイは福岡県に本部を置き、九州エリアを中心に事業を展開する食品スーパー(SM)企業である。20年12月時点で、標準SM「ハローデイ」50店舗と、高質SM「ボンラパス」5店舗の計55店舗を展開している。商勢圏では年々、SMだけでなく、食品を強化したドラッグストア(DgS)やディスカウントストア(DS)が存在感を増してきており、業態を超えた競争が激化している。

 コロナ禍では、他のSM企業と同様にハローデイの業績も好調だ。20年4~5月、既存店ベースの売上高は対前年同期比2ケタ増と大きく伸長。その後は落ち着きつつあるものの、20年11月までの累計実績は同5%増と依然前年超えをキープしている。差別化部門の鮮魚をはじめとする生鮮食品のほか、日配品や酒類、加工食品などが好調だった。

 その一方、

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media