コロナで激変、大進化!有力各社はこう動く!食品マーチャンダイジング2021

2021年の商品政策を考えるうえで、新型コロナウイルスの影響を無視することはできない。まとめ買い需要や調理ニーズが高まったほか、外食の代替需要などから、専門店レベルの本格的なメニューやそれをつくるための素材、あるいは高単価の酒類などを食品スーパーに求める人も増えた。また、景況感の悪化で消費者の節約志向は高まりつつある。こうした消費ニーズの変化を受け、食品小売各社は売上や利益などを総合的に判断しながら商品政策を見直す必要が出てきた。本特集では、有力企業の取り組みを解説する。

© 2021 by Diamond Retail Media