デュワーズ、12年リニューアル&エイジド強化で価値を高める

Pocket

dcs231201_MD特集

スコッチウイスキー「デュワーズ」は定番の「ホワイト・ラベル」のほか、エイジドや数量限定の「ユニークカスク」シリーズなど、幅広い商品展開でユーザーを拡大。今期は12年のリニューアルをはじめエイジドの販売を強化し、「デュワーズ」ブランドの価値を高めていく。

170年以上の歴史を持つ世界的ウイスキーブランド

 バカルディ ジャパンが輸入しサッポロビールより販売する「デュワーズ」は、170年以上の歴史を持つブレンデッドスコッチウイスキーだ。グレーンウイスキーの原酒とモルトウイスキーの原酒をそれぞれブレンドした後、再び樽の中で熟成させるダブルエイジ製法を採用することで、華やかに広がる芳醇な香りと、まろやかでバランスのとれた味わいを実現。創業者ジョン・デュワーによって生み出された同ブランドは、家業を引き継いだ息子のジョン・アレクサンダー・デュワーとトミー・デュワーの革新的なアイデアと揺るぎない信念によって世界中に広がり、多くのウイスキー愛好家から支持されている。

デュワーズ
ダブルエイジ製法によるスムースな味わいが特長の「デュワーズ」。定番の「ホワイト・ラベル」のほか長期熟成のエイジド、数量限定の「ユニークカスク」シリーズ、最高のなめらかさを持つダブルダブルシリーズなど、幅広いラインアップも魅力

 国内のウイスキー市場は昨今の原酒不足の影響もあり近年は停滞傾向にある。しかしスコッチウイスキーは、長い歴史で培われた製法や多種多様なモルトによる個性といった奥深い世界観が多くのファンをつかみ、堅調に推移。なかでも「デュワーズ」はなめらかな味わいと華やかな香りで20~40代の若い世代を取り込み、シェアを拡大している。

 現在「デュワーズ」では定番の「ホワイト・ラベル」をはじめ、12年、15年、18年、25年のエイジドや4段階熟成プロセスを採用したダブルダブルシリーズなど幅広いアイテムを展開。とくにさまざまな樽を仕上げの熟成に使用することでフレーバーの違いを楽しめる数量限定の「ユニークカスク」シリーズは幅広いウイスキーファンの醸成に一役買っている。

1 2

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態