マスヤの「おにぎりせんべい」、東日本でもヒットの兆し

Pocket

dcs231201_MD特集

2024年に発売55周年を迎えるマスヤの「おにぎりせんべい」。三角形のおせんべいを甘塩っぱいしょうゆタレで味付けした関西では誰もが知るロングセラーブランドだ。2023年春・夏 新商品ヒットランキングの大袋(米菓)部門でファミリーパックがNo.1を獲得。親子のコミュニケーションツールとしても全国で支持が広がってきている。

ファミリーパックの発売で、東日本の小売店の配荷率がアップ

 1969年7月に誕生した「おにぎりせんべい」。おせんべいといえば当時、丸か四角のものばかりで、マスヤでは他ブランドと差別化するため三角形のおせんべいを開発した。甘塩っぱいしょうゆタレで味付けされ、焼き海苔がふりかけられた「おにぎりせんべい」は、親から子へと受け継がれ、世代を超えて愛され続けているブランドだ。

 とくに2枚入りの個包装が14袋入ったファミリーパックは、親子で楽しめるように工夫されている。個包装パッケージには間違い探しやなぞなぞ、クイズ、迷路などが印刷されており、親子で楽しめるコミュニケーションツールとしての役割も担っている。個包装パッケージは全25種類で、飽きずに長く楽しんでもらえるように定期的にリニューアルを行っている。

 また、個包装は透明ではなくアルミパッケージで、賞味期限が印字されているので、持ち運びや保存にも便利。これらは東日本も西日本も変わらない顧客のニーズといえる。そのような理由で、30~50代の子供を持つ親から絶大な支持を獲得している。

マスヤ「おにぎりせんべいファミリーパック」
「おにぎりせんべいファミリーパック」の親子で楽しめる個包装のパッケージは全25種類

 西日本に比べ、認知度の低い東日本だが、ファミリーパックの発売により、東日本の小売店の配荷率も徐々に高まっている。また、10年以上さまざまな施策を講じ、「おにぎりせんべい」の認知度も上がってきている。2019年にマスヤが東京都で自社の認知度調査を行ったところ、40代以下の認知率は7割以上にまで拡大した。

 「おにぎりせんべい」は熱狂的なファンが多く、同社ではこうしたファンと交流するための「おにぎり倶楽部」を19年に刷新。約2万人の会員がおり、会員からの意見を聞いて商品開発につなげている。現在、催事向けの商品として定番となっているハロウィンパッケージも、ファンの声から生まれた商品だ。遊び心のあるパッケージなので子供たちに配るお菓子として最適だ。

 そのほかにも季節感を演出する季節限定フレーバーも人気で、これまで〈わさび〉や〈マヨしょうゆ〉〈梅しそ〉〈和風カレー〉などを発売している。

マスヤのファンとの交流サイト「おにぎり倶楽部」
ファンとの交流サイト「おにぎり倶楽部」。集まったファンの声を商品開発に生かしている

1 2

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態