グミ市場、形や色、食感のラインアップが充実 コロナ前超える需要拡大が続く

ライター:山田陽美
Pocket

2020年は新型コロナウイルスの影響を受けたグミ市場だが、家庭内での喫食シーンが広がり、21年夏頃からコロナ前の19年を超える状況だ。フレーバーだけでなくソフト系からハード系まで食感でもラインアップが広がっており、新たな需要を取り込んでいる。

21年は需要が回復、6月~12月は2ケタ増

 オフィスや外出時のオンタイム需要が大きく落ち込み、20年のグミ市場は前年割れとなったが、家庭での喫食シーンの拡大で21年夏頃から回復傾向にある。インテージSRI+データの21年1月~12月のグミ市場は対前年比11.3%増と好調に推移。月別に見ると1月~5月はほぼ前年並みの推移で、6月は同12.2%増、7月は同13.6%増と12月まで2ケタ増と大きく伸長している。

グミのイメージ
フレーバーだけでなくソフト系からハード系まで食感でもラインアップが広がっており、新たな需要を取り込んでいる(i-stock/Liudmila Chernetska)

 グミはそのおいしさに加え、食感でも支持されている。ゼラチンやペクチン、寒天などを原料にしたグミは、色や形、弾力など自由にコントロールできるのが魅力。フルーツフレーバーから飲料フレーバーのほか、ソフト系やハード系など、食感を訴求したグミが増えている。

 明治では、グミの噛み応えを6段階に分けた「食感チャート」をパッケージで訴求。噛み応えを比較しやすい数値にすることで、自分の好みの噛み応えが選びやすくなっている。

 果汁100の濃厚なフルーツ感が幅広い世代から支持されているのが、明治の「果汁グミ」。ぶどうや温州みかんなどの定番フレーバーに加え、期間限定で季節のフルーツを使ったフレーバーを展開し、売場を盛り上げている。

 おやつとしてだけでなく、美容や健康、ダイエットにもグミを活用する人が増えており、コラーゲンやビタミンCを配合した商品のほか、低糖質グミも登場している。従来品の糖類を30%カットした「果汁グミ糖類30%オフ」や、糖質30%オフのUHA味覚糖の「ググッタ グレープ」など。糖質を気にする人に最適だ。

 また、長引くマスク生活の影響で、口の中の不快感を軽減する明治「お口のミカタグミ」も発売されている。リフレッシュしたい時にぴったりだ。

 新食感がSNSなどで話題となっているのが、カンロの「マロッシュ」。食べているうちにマシュマロになる不思議な食感が特徴で、噛むともっちりとした弾力が楽しめる。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media