ビスケット・クラッカー市場、巣ごもり需要で伸長する注目カテゴリー 家飲みの新定番としても期待

ライター:両角晴香
Pocket

ビスケット・クラッカー市場は2020年以降、コロナ禍の巣ごもり需要を取り込み、順調に拡大している。各社では引き続き主力ブランドを強化しつつ、話題となる新商品の投入とプロモーションを仕掛け、市場の活性化を図っている。

シュールなキャラクターがブランド全体を押し上げ売上増へ

 全日本菓子協会によると、2020年のビスケット市場は、新型コロナウイルスの影響もあり好調に推移。家庭内需要の高まりからロングセラー商品、定番商品、家族みんなで食べられる大袋商品が増加し、生産数量、生産金額、小売金額ともに前年を上回った。

ビスケット・クラッカーのイメージ
2020年のビスケット市場は、新型コロナウイルスの影響もあり好調に推移。家庭内需要の高まりからロングセラー商品、定番商品、家族みんなで食べられる大袋商品が増加し、生産数量、生産金額、小売金額ともに前年を上回った i-stock/Thatphichai Yodsri

 KSP-POSデータによると、ビスケット・クッキーの期間通算(2020年11月~21年10月)の金額PIは、9970.78円で対前年同期比4.8%増。4月や5月、7月は巣ごもり需要の反動で前年割れとなったが、それ以外は堅調に推移。特に12月~2月は2ケタ増と、大きく拡大している。

 不二家では、主力の「カントリーマアム」が好調だ。なかでも急成長しているのが、「カントリーマアム チョコまみれ」。パッケージに描かれている「まみれさん」というシュールなキャラクターが若年層の心をつかみ、SNSなどで情報拡散。新規ユーザーを獲得している。

 一方でブルボンは、「アルフォート」の期間限定フレーバーを家族みんなでシェアできる大袋形態で展開。季節フレーバーとして〈ストロベリー〉を発売し、プレミアムラインでは、〈ピスタチオ〉を投入した。ビスケットを中心に大袋やロングセラー商品が順調に推移したことで、同社の2020年度の菓子全体の売上は対前年比1.2%増となった。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media