食品強化型ドラッグストアはどう動く? 後編 クスリのアオキとゲンキー

ダイヤモンド・ドラッグストア編集部
Pocket

食品強化型ドラッグストア(DgS)の勢いが止まらない。コスモス薬品(福岡県)、クリエイトSDホールディングス(神奈川県)、クスリのアオキホールディングス(石川県)、Genky DrugStores(福井県)について、2021年通期決算説明会の経営トップの発言から今期の施策を把握したい。

クスリのアオキ
クスリのアオキHDの栃木県内の店舗

クスリのアオキHDは「フード&ドラッグへの転換」急ぐ

 クスリのアオキホールディングスの2021年5月期(連結)業績は、増収・営業増益となった。今後は「フード&ドラッグへの転換」「調剤併設率70%」「ドミナント化への移行」の3つの重点施策により、26年5月期に売上高5000億円の達成をめざす。

 21年7月の決算説明会では5カ年の新中期経営計画「ビジョン2026」を発表した。

 「ビジョン2026を実現するための重点施策は、『フード&ドラッグへの転換』『調剤併設率70%』『ドミナント化への移行』の3つだ。1つ目のフード&ドラッグへの転換では、生鮮食品を充実させてワンストップ性を高める。これまでも『近くて便利』な品揃えとして食品を強化してきたがさらに一歩踏み込んで、お客さまの買い回りの手間を減らせるように、DgSと食品スーパーが融合したフォーマットに転換していきたい。具体的には、夕食の食材が揃うように生鮮4品を充実させるほか、価格や販促も強める。こちらに関してはローコスト経営のほうで補っていきたい。

 フード&ドラッグを実現するために、10年ぶりに店舗フォーマットを変更する。現在のメーンフォーマットである『300坪型』は、10年にフード強化型のモデルとして開発したものだ。これまでの新店の9割がこのタイプだ。そして14年からは『450坪型』として生鮮食品のコンセッショナリーを導入した次世代フォーマットの開発に取り組んできた。こちらの出店比率は1割程度で、店舗数を増やすことがなかなか難しいのが欠点だ。この欠点を補うために、『300坪型』と『450坪型』の中間フォーマットとして『400坪型』を新しく追加する。今後は『400坪型』がメーンフォーマットとなる。当面の出店比率は『400坪型』が5割、『300坪型』が4割、『450坪型』が1割となる」(青木宏憲社長)。

 また、「店舗展開エリアの拡大」を凍結し、調剤併設を加速する。

 「2つ目の調剤併設率は、従来の50%から11年ぶりに70%へ目標を引き上げる。上場DgS企業の調剤併設率の平均は30%程度で、当社でも現状は十分強力な武器となっているが、併設率上位2社と比べると見劣りする。これまでも調剤併設率に関しては『できるなら高めていきたい』という考えだったが、薬剤師の採用問題、そして高速出店の問題があり、なかなかDgSの出店ペースに体制が追い付いていかない課題があった。そういった状況の中で3年前から薬剤師の新卒採用が改善してきており、21年4月には111人の新卒薬剤師を採用することができた。さらにコロナ禍の中でも中途採用が順調に進んでいる。今後は当社の中でもDgSの店舗純増率が低下していくので、調剤併設率を70%へと一気に高めたい。

 3つ目のドミナント化への移行についてだが、これまでは売上高3000億円を早期に達成すべく店舗展開エリアを拡大、高速出店を続けてきた。今後は競争環境も変わってきていることを踏まえて、当面は店舗展開エリアの拡大を凍結し、既存の北信越・東北・関東・東海・関西の5つの店舗展開エリアの中でドミナント化を進めていく。限られた店舗展開エリアの中では、M&A(合併・買収)を絡めながらドミナント化を進めていきたいと考えている。当社はこれまでSM4社を子会社化したが、その目的は異なるエリアにおける①生鮮食品の仕入れや売場の運営力の向上、②ドミナント化を進めるための好立地物件の確保だ。フード&ドラッグフォーマットを持つDgS企業は少ないので、子会社化した4社のSM企業にとっても、当社のフォーマットに転換することでお客さまからより支持されるフォーマットに生まれ変わることができるものと考えている」(青木社長)。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media