ゲンキー

 2017 年12月に、純粋持ち株会社Genky DrugStoresを設立し、持ち株会社体制へ移行した。「近所で生活費が節約できるお店」をコンセプトに圧倒的な安さを追求し、「何でも揃うお店」をめざし、生活必需品に加え、青果や精肉等の生鮮食品の取扱強化を進めている。

 ドミナントエリアの構築、自社物流拠点を生かしたローコストオペレーション等の推進、EDLP(エブリデー・ロー・プライス)を追求する。店舗展開は、レイアウトやオペレーション、品揃えなどを徹底的に標準化し、青果や精肉などの生鮮食品を扱う300坪タイプのディスカウントドラッグが基本。生鮮食品は、自社運営のプロセスセンターのもと標準化された鮮度・在庫管理により、高コスト化を防ぐ。店舗開発、プライベートブランド(PB)商品開発、物流、生鮮食品の取り扱いなどでも自前主義を貫く。

 1人当たりの売場面積(30坪)は業界最大、坪当たり経費高(20万円/坪・年)は業界最低水準、7000人商圏でも集客と収益を確保できる店舗展開を進めている。

ゲンキー

© 2023 by Diamond Retail Media