PBビールは1缶わずか128円!圧倒的な低価格を実現するゲンキーのPB戦略と開発の秘密!

2020/12/11 05:50
ダイヤモンド・チェーンストア編集部

フード&ドラッグ大

Genky DrugStores(福井県/藤永賢一社長:以下、ゲンキー)が全社的に力を入れている取り組みの1つが、プライベートブランド(PB)の開発だ。昨年7月に専門部署を立ち上げ、今年に入ってからは人員も増強。とくに食品の品揃えの拡充を図っている。新型コロナウイルス(コロナ)禍での景況感の悪化から節約志向が強まり、価格の安いPBへの需要が増加するなか、ゲンキーでもより価格訴求力のある商品を積極的に投入する方針だ。

「ゲンキーのPB」を明確化し開発体制も刷新

ゲンキー執行役員SPA推進部部長の結城直之氏
執行役員SPA推進部部長の結城直之氏

 ゲンキーがPBの開発を始めたのは2000年頃。連携先の中国の工場で生産した雑貨や日用品を皮切りに、導入カテゴリーを広げながらアイテム数を徐々に増やしてきた。

 そして19年7月、その動きを加速するため新設したのがSPA推進部である。執行役員SPA推進部部長の結城直之氏は、ゲンキーのPBのコンセプトについて次のように説明する。「当社の店舗では『近所で生活費が節約できるお店』をコンセプトに掲げている。それに合うような、圧倒的な安さを打ち出した“価格破壊型”の商品を開発することが、SPA推進部の使命だ」

 現在、ゲンキーが展開するPBは

続きを読むには…

この記事は、有料会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

詳しくはこちら

DCSオンライン+有料会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media