爆速成長! フード& ドラッグ徹底分析!コスモス、ゲンキー、クスリのアオキ

医薬品、調剤、化粧品、日用品など従来のドラッグストアの品揃えに加え、加工食品や酒類・飲料、一部では生鮮食品もフルラインで扱う「フード&ドラッグ」の台頭が著しい。新型コロナウイルス禍では衛生用品や日用品、食品への需要が急増、それらをワンストップかつ低価格で購入できるフード&ドラッグの存在はより大きくなりつつある。そして彼らはさらなるマーケットシェア拡大と将来の成長に向け、新たな商圏を含む店舗網の拡大はもちろん、プライベートブランドの開発強化や新フォーマットの確立、さらには地場の食品スーパーのM&Aといった大胆な動きも見せている。SMをはじめとする食品小売業が“コロナ特需”に沸き立つなか、フード&ドラッグは確実に包囲網を増強しているのだ。本特集では、フード&ドラッグの代表的企業であるコスモス薬品、Genky DrugStore、クスリのアオキホールディングスの3社の経営戦略、店づくり、商品政策、競合状況を徹底研究。フード&ドラッグの“強さ”と“未来”、そして“死角”をあぶり出す。

© 2021 by Diamond Retail Media