連載 スーパーマーケットの2020 #1 ライフコーポレーション

2020/08/10 05:45
森田俊一(流通ジャーナリスト)

新型コロナウイルス感染拡大に伴う巣篭もり消費の活発化により、特需に沸く食品スーパー業界。店舗だけでなく、ネットスーパーの利用も増加傾向にあり、各社の業績はまさに絶好調だ。コロナ禍収束の兆しがいまだ見えない中、食品スーパーは「我が世の春」を謳歌し続けられるのか。大手食品スーパーの戦略を連載で見ていく。

ライフロゴ

業界の重鎮・清水信次会長の先見性

 食品スーパー業界の最大手は、首都圏と近畿圏で事業を展開するライフコーポレーション(大阪府:以下、ライフ)。日本チェーンストア協会会長など食品スーパー業界の要職を歴任し、政財界にも顔が利く業界の重鎮、清水信次会長が一代で築き上げた企業だ。

 「食品スーパーはこれからある程度の規模になっていないと勝ち残りは難しい」(清水氏)とし、1990年代前半から清水氏が言うところの「怒涛の出店」を繰り広げてきた同社。東京と大阪の中心エリアに大量出店を仕掛け、今日に続く基盤を築いてきた。

 2008年には、総合商社大手の三菱商事と資本業務提携を電撃的に締結し、業界を騒がせた。次世代の成長を担う人材を求めたライフは、三菱商事出身の岩崎高治氏を社長に迎え入れる。こうした清水氏の先見性もあり、業績は堅調に伸びていき、現在は業界最大手の地位を獲得している。

早くも業績を上方修正!

 足元の業績も好調だ。コロナ禍収束の気配が見えないなか、巣篭もり消費の恩恵を受け、既存店売上高は絶好調と言っていい。コロナ直近月の既存店売上高を見てみると、2020年2月が対前年同月比8.6%増、3月が同6.9%増、4月が同15.0%増、5月が同8.9%増。6月に入り同2.5%増と落ち着くかと思われたが、7月は同7.1%増と再び大きく伸びている。

 21年2月期第1四半期業績を発表した7月10日には、通期業績予想を早くも上方修正。営業収益は7340億円と期初予想から80億円上振れるとし、営業利益も161億円と13億円上方修正している。予想通りとなれば、過去最高益を記録する見通しだ。

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media