セブン&アイ、不採算店閉鎖を柱とする事業構造改革を発表、3000人削減

2019/10/11 12:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

イトーヨーカ堂
写真はイメージ

 セブン&アイ・ホールディングスは10月10日、イトーヨーカ堂とそごう・西武の不採算店閉鎖などを柱とする事業構造改革案を発表した。グループ全体の収益の足を引っ張る大型店事業の改革に向け、大なたを振るう。

 イトーヨーカ堂は33店舗を閉鎖またはグループ外の企業との連携を検討する。「イトーヨーカドー福山店」(広島県福山市)をイズミが引き継いで「ゆめタウン福山」として再オープンしたように、他社に営業譲渡するケースも出てきそうだ。

 ヨーカ堂の衣料品や住居関連商品は売場面積を減らしたり、テナントを導入したりする。食品スーパーの食品館事業は分社化を視野にグループの他の食品スーパー企業との連携を強化する。従業員は2022年度末に18年度末に比べて約1700人削減(自然減を含む)する計画だ。

 そごう・西武は、20年8月から21年2月にかけて5店舗を閉鎖すると同時に、22年度末までに約1300人を削減する。閉鎖するのは、「西武岡崎店」(愛知県岡崎市)、「西武大津店」(大津市)、「そごう西神店」(神戸市)、「そごう徳島店」(徳島市)、「そごう川口店」(埼玉県川口市)の5店舗。「西武秋田店」(秋田市)と「西武福井店」(福井市)は売場面積を減らす。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media