東京都知事、夜間の接客伴う飲食店への出入り自粛要請

2020/03/31 11:45
ロイター

都内の夜の街を歩く人
小池百合子東京都知事は30日夜の会見で、新型コロナウイルスの感染拡大防止策を強化するため、夜間の接客を伴う飲食店などへの出入りを自粛するよう都民に要請した。都内で28日撮影(2019年 ロイター/ISSEI KATO)

[東京 30日 ロイター] – 小池百合子東京都知事は30日夜の会見で、新型コロナウイルスの感染拡大防止策を強化するため、夜間の接客を伴う飲食店などへの出入りを自粛するよう都民に要請した。

都知事は、東京都では最近、感染経路が不明なケースが増えていると指摘。なかでも、夜間から早朝にかけて営業しているバーやナイトクラブなど接客を伴う飲食店での感染が多発しているとした。そのうえで「若者にはカラオケやライブハウス、中高年の方にはバーやナイトクラブなどの接客を伴う飲食店に行くことを自粛してほしい」と述べた。

こうした飲食店では感染リスクが高い3つの密ーー換気の悪い密閉空間、人が密集する場所、密接した近距離での会話ーーがより濃厚な形で重なる場となっている、と説明した。

自粛要請に伴い、中小の飲食店や従業員に対して、国に支援を要望するとともに、都としても独自の支援策を検討する考えを示した。

都知事はまた、30日の新たな感染者数は13人だったことも明らかにした。28日は63人、29日は68人だった。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media