「パスタ」がファストフードになる時代? サイゼリヤが新業態「伊麺処(パスタドコ)」を出店!

2020/03/04 05:46
森田俊一(流通ジャーナリスト)

イタリアンレストランチェーンを展開する外食大手のサイゼリヤ(埼玉県/堀埜一成社長)が、ファストフード型の新業態「伊麺処(パスタドコ)」を開発した。2月26日、東京・浅草に1号店を開業、当面は主に東京都心部で出店を進め、将来的には首都圏を中心に500店舗体制を築く計画だ。サイゼリヤの新たなチャレンジは実を結ぶか――。

ファストフード店の仕組みを取り入れた小型のパスタ専門店

東京・浅草にオープンしたサイゼリヤの新業態「伊麺処」
東京・浅草にオープンしたサイゼリヤの新業態「伊麺処(パスタドコ)」

 「伊麺処」の1号店は東京・浅草、国内外から多くの観光客が訪れる「浅草寺」「雷門」からほど近い商店街の一角にオープンした。席数は25席と既存のサイゼリヤの店舗と比べるとコンパクトなサイズである。セルフサービスを取り入れており、お客はまずレジカウンターで商品を注文して支払いを済ませる流れになっている。

 主力メニューとなるのがパスタで、「タラコソース」(500円、以下税込)、「ローストビーフ&ミートソース」(800円)、「トマトソース」「ミートソース」「カルボナーラ」「ボンゴレ」「ジェノベーゼ」(各650円)の計7種類を提供。今後は季節メニューも投入する予定だという。

主力メニューは650円~のパスタ。このほかタパスやアルコール類も提供する
主力メニューは500円~のパスタ。このほかタパスやアルコール類も提供する

 このほか450円~のタパス(小皿料理)もラインアップし、「サラミ&プロジュート」「ローストビーフ」「グリーンサラダ」などを販売。「グラスワイン」(400円)、「ビール」(450円)などアルコール類のほか、コーヒーや紅茶などソフトドリンクも用意する。一方スイーツは「抹茶ティラミス」(400円)や「バニラアイス白玉あずき」(550円)など和のテイストを打ち出したメニューを揃えた。いずれのメニューもテイクアウトが可能で、店外には持ち帰り専用のカウンターも備えている。

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media