パスタ&パスタソース市場、簡便性が高く一食完結型メニューがテレワークのランチとして需要増

ライター:山田陽美
Pocket

パスタ&パスタソース市場は堅調に推移している。常温保存で簡単に調理ができ、一食完結型のパスタメニューはテレワークのランチとして食卓登場頻度が高まっている。またパスタソースは、あえるだけの簡便性の高い商品が市場を牽引している。

スパゲティ、マカロニともに金額PIは好調に推移

 KSP-POSデータのスパゲティの期間通算(2022年8月~23年7月)の金額PIは、2684円で対前年同期比8.3%増、数量PIは11.54で同5.9%減。価格改定により、金額PIでは前年を上回ったが数量PIでは前年割れとなった。パスタはコロナ禍の内食需要の拡大で堅調に推移しており、とくにテレワークのランチとしての需要が拡大。常温保存で簡単に調理でき、一食完結型のパスタはランチに最適だ。

常温保存で簡単に調理ができ、一食完結型のパスタメニューはテレワークのランチとして食卓登場頻度が高まっている(hirobirock/i-stock)

 パスタで市場をリードしているのが、調理時間が短い早ゆでタイプで、電子レンジでの調理が広がっている。お湯をわかす手間や洗い物が減らせるため、今後も電子レンジ調理は広がることが予想される。

 一方、マカロニの期間通算の金額PIは、506円で同3.9%増、数量PIは4.25で同4.8%減。マカロニはコロナ前からやや縮小傾向にあり、価格改定で金額ベースでは前年を上回ったが、数量ベースでは前年割れとなった。マカロニも時短調理、簡便調理に対するニーズが高くなっており、早ゆでタイプが中心となっている。日清製粉ウェルナではこの秋に「マ・マー早ゆでマカロニ」シリーズを全品電子レンジ調理対応へとリニューアル。スパゲティの電子レンジでの調理経験に比べ、マカロニはまだまだ低いため、同社ではパッケージに「レンジでもおいしい」というメッセージを入れたほか、裏面でも電子レンジでの調理方法をわかりやすく訴求した。電子レンジ調理でより簡便性を追求することで、マカロニの使用頻度アップをめざす。

1 2

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態