ファストフード市場攻略めざす!テイクアウト比率4割をめざすサイゼリヤの新業態

取材・文=「ダイヤモンド・チェーンストア」編集部 大宮弓絵
Pocket

イタリアンレストランチェーン「サイゼリヤ」を展開するサイゼリヤ(埼玉県/堀埜一成社長)は11月9日、東京都中央区に新業態「ミラノ食堂」をグランドオープンした。新型コロナウイルス(コロナ)感染拡大下で、消費者が外食を控える傾向にあるなか、同店は売上高に占めるテイクアウト比率を半分近くまで高めることをめざしている。

メニューのボリュームを1.5倍に増やすねらい

「ミラノ食堂」の外観

 「日本のファストフード市場は未成熟で、ブルーオーシャン。将来的には国内で3000店以上を展開できる新たなファストフード業態を開発したい」

 サイゼリヤの堀埜一成社長が、本誌のインタビューで語った言葉だ。実はあまり知られていないが、サイゼリヤは国内で勝ち残るための1つの道として、長い年月をかけてファストフードの新業態開発を進めている。

 その最新の実験店として今回オープンしたのが「ミラノ食堂」だ。場所は東京メトロ「茅場町」駅から南西へ約300m。飲食店やオフィスが立ち並ぶエリアのオフィスビル1階に入る。

 同店は「サイゼリヤ」の看板メニューである「ミラノ風ドリア」を中心に提供する業態だ。特徴的なのは、

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media