テイクアウト利用比率4割をめざす! サイゼリヤ「ミラノ風ドリア」に 特化した新業態の狙い

2020/11/13 05:58
    大宮 弓絵 (ダイヤモンド・チェーンストア 記者)
    Pocket

    「ファストフード市場はブルーオーシャン」

     
     「日本のファストフード市場は未成熟で、ブルーオーシャン。将来的には国内で3000店以上を展開できる新たなファストフード業態を開発したい」。

     イタリアンレストランチェーン「サイゼリヤ」を展開するサイゼリヤ(埼玉県)の堀埜一成社長が、「ダイヤモンド・チェーンストア」誌のインタビューで語った言葉だ。

     実はあまり知られていないが、サイゼリヤは国内で勝ち残るための1つの道とするべく、長い年月をかけてファストフードの新業態開発を進めている。

    11月9日にグランドオープンしたサイゼリヤの新業態「ミラノ食堂」(東京都中央区)
    11月9日にグランドオープンしたサイゼリヤの新業態「ミラノ食堂」(東京都中央区)

     その最新の実験店舗として11月9日にグランドオープンしたのが、新業態「ミラノ食堂」(東京都中央区)だ。場所は東京メトロ「茅場町」駅から南西約300m。飲食店やオフィスが立ち並ぶエリアのオフィスビル1階に入る。

    サイゼリヤの名前はあえて打ち出さない。「チェーン名を出すと、メニューを比較対象することにお客さまの意識がいってしまうため」だそうだ
    サイゼリヤの名前はあえて打ち出さない。「チェーン名を出すと、メニューを比較することにお客さまの意識がいってしまうため」だそうだ

     「ミラノ食堂」は、「サイゼリヤ」の看板メニューである「ミラノ風ドリア」を中心に提供するのが特徴だ。

     「サイゼリヤ」では、来店客が複数のメニューを組み合わせて楽しむ食事スタイルを志向し、単品ごとの分量を多すぎないようにしている。

     これに対して「ミラノ食堂」では、「ミラノ風ドリア」のサイズを1.5倍と1食で満足できるボリュームで提供する。そうすることで、顧客回転率を高めるとともに、テイクアウト利用の比率も向上させるねらいだ。

    1 2 3

    人気記事ランキング

    © 2023 by Diamond Retail Media