原信が長野・安曇野市に出店、中信地域で初 ケーズデンキやニトリなども

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

 アクシアルリテイリング傘下の原信(新潟県長岡市)は5月28日、長野県安曇野市に「原信 安曇野店」を出店した。新潟県を地盤とする同社が、中信(長野県中部)地域に出店するのは、今回が初めて。

 地元デベロッパーが開発したショッピングセンター(SC)「あづみ野インターパーク」に、家電量販店の「ケーズデンキ」や家具専門店「ニトリ」、ホームセンター「コメリ」などと共に出店した。

 SCは長野自動車道の安曇野インターチェンジに近く、敷地面積は6万4755㎡、建物の合計面積は2万2244㎡。SC全体で769台の駐車場を有する。

 原信 安曇野店の店舗面積は約2267㎡。鮮魚部門では日本海で獲れた近海魚を豊富に品揃えするほか、店内で調理した魚介総菜を「魚菜屋」として提供する。店内で作る焼きそば、お好み焼き、玉子焼きなどの鉄板焼きを販売するほか、精肉を使った総菜も店内調理する。

 専用窯で焼き上げたピザと食パン、プリンなどを提供するカフェコーナーは、48の座席とWi-Fi接続スポットを用意する。

 レジでは袋詰めサービスを行うほか、公式アプリ「原信ナルスアプリ」を使ったネットショッピングにも対応。アプリではクーポンやお買い得情報なども配信する。

 同店のオープンにより原信の長野県内での店舗数は6店舗、会社全体では67店舗となった。ナルスとフレッセイを含むアクシアルリテイリンググループでは131店舗となる。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media