楽天、西友の商品を自動走行ロボットで宅配 つくば市で

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

パナソニックHDが開発した、楽天西友の商品を届ける自動走行ロボット
つくば駅周辺の約1000世帯を対象に、期間限定サービスとして実施する

 楽天とパナソニックホールディングス(HD)、西友の3社は5月28日、茨城県つくば市でパナソニックHDが開発した自動走行ロボットを使った商品宅配サービスを始める。スマートフォン向け専用サイトで注文を受けた商品を、最短30分で届ける。

 つくば駅周辺の約1000世帯を対象に、期間限定サービスとして実施する。7月30日までの毎週土曜日、パナソニック製の「X-Area Robo(クロスエリアロボ)」を使って「西友つくば竹園店」から商品を宅配する。

 西友つくば竹園店で取り扱う生鮮食品や冷蔵・冷凍食品、弁当・総菜、日用品など2000点以上の商品を注文できる。配送手数料は110円(税込)。

 配送中は専用サイトでロボットの位置情報や到着予定時刻を確認でき、到着時には自動音声の電話やショートメッセージで通知する。ロボットは、つくば市から約60km離れたパナソニックの施設「Panasonic Laboratory Tokyo」(東京都中央区銀座)から遠隔監視する。

 楽天、パナソニック、西友の3社は、2021年3月から4月にかけて、神奈川県横須賀市で公道を走行する自動配送ロボットによる宅配サービスを国内で初めて行った。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media